筆文字hanatubomiの暮らし方

fudetubomi.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 10日

イイこともそうでないことも。。。

京都にあるはんこやさんにミニ落款を注文しました。
6ミリ角のちっちゃなのが欲しくて。
白文で作ってもらって、作品に赤色のアクセントとして、ちょこっと押したかったので。

今作っている作品の締め切りが来月なのですが、
とにかく急ぎで試しに押さないといけなかったのでネットで注文することに。
今書いている作品の画像をメールに添付して見ていただいて、作風に合うように作ってもらいたいと
お願いしたら、その日に作ってくださって、翌日発送してくださいました。
丁寧で素早いお仕事、感動しました◎

d0113639_23471028.jpg


まだ押し慣れてないうえに、紙が洋紙。
しかも、かすか~に凹凸のある紙だから難しい。
でも、そのあたりのことも伝えてあるので、コツを得れば大丈夫。練習だ~。

落款も届き、額も週末届き、後は作品が仕上がればOK。
って、順序が逆のような・・・(^^;
あとひとつ、作品ができれば完成です。


以前に書かせていただいた庭園サインが動画になって、デザイナーさんの魔法にかかって素敵にイメチェンされていました^^うれしいなぁ~。

過去に書いた文字のことはやっぱり時間が経っても気になるものですよね。
たとえばそれが店舗ロゴなら、お店が無くなればそこで文字の役目も終わるし、お店の店舗数が増えれば2倍、3倍お役に立てるし。

先月、池袋に2店目をオープンされたhair's bitさん。
引き続きロゴ文字を使用してくださって、お役に立てて良かったな~と安心します。

逆に、全力で頑張ったのに未払いだった上にすぐ閉店した店舗。
過去に未払いで1回だけですが痛い思いをしたことがあります。
これは、わたしも未熟だったし、もう自分の中では相手に対して時効という気分でどうでもよかった
のですが、当時はそうとう悩んだものです。
にもかかわらず、何事もなかったかのように再びお店が立ちあがっていたときには衝撃でした。

文字を書くことで世の中と繋がることができて、イイにしろ悪いにしろ世界が広がることが嬉しいし、幸せです。
[PR]

by hanatubomi2 | 2010-09-10 00:49


<< 秋到来。      9月の海へ。 >>