2011年 01月 11日

ぐるぐる。考える日々。

d0113639_137492.jpg

年末から年始にかけて、木のカレンダーのことを考える日が多かったのでした。
昨年は夏も秋も多忙で、カレンダーまで手が回らないと予想がついたのでお休みすることにしたわけですが。。。
今後どうしていこうかと、いろいろ思いあぐねていました。

木のカレンダーは私にしてみれば種蒔きの種のような、名刺代わりのような商品でした。
かれこれ10年近く、秋冬に時には夜なべしながら、子供を寝かしつけた後に、家事の合間に。
ゆっくりじっくり手書きして。糸で綴じて。毎年50冊以上を365日すべて手書きで仕上げてきました。

途切れず作業しても1冊作るのに、大体3時間はかかるものですが、1冊1000円ちょっとでやってきました。

これには、ある企業様には自分の作業を時給換算して考えたほうが良いのではないか、とか
作り置きしてもっと数を売ったらどうか、とか。印刷にしてみたら、とか。
アドバイスをいただいてきましたが、手書きというところを大事にしたいのと、
カレンダーとしての妥当な金額、毎年ご注文くださるお客様の気持ちを考えても、そのままでいいんだと思ってきました。

でも、ここへきて少々変えていく必要がでてきました。

まず、年々木のカレンダーを知ってご注文くださる方の数が増えてきて、
自分のキャパを超えてしまい、お断りしなければならない新規のお客様がでてきてしまっていること。

でも、木のカレンダーの製作は打ち切りたくはないこと。

自分の普段の筆文字の制作報酬が10年前とでは大きく異なってきているということ。

リピーターの方と新規の方の両方にまんべんなく作品として行き渡っていってくれたらいいな、ということ。

いろいろと考慮して、8月1日に限定20部ですが予約受付することにしまして、
1冊3000円とプライスを変更させていただくことになりました。

通常の漢字バージョンとひらがなバージョンの2種類を3000円、
12か月をお好きな文字でのオリジナルバージョンは4000円です。

いままで、委託販売もさせていただいたりしていましたが、今後はhanatubomiホームページからの
受注のみとさせていただこうと思います。

細く長く、無理なく制作を続けていきたいと考えていますので、どうかご理解いただけるとありがたいです。

いままで継続して毎年ご注文いただいてきたお客様にはとても失礼ではないかと随分迷ったのですが、20部と少数制作にすることで、hanatubomiはもっと筆文字デザインの腕を磨く努力をすることができると考えています。

時期が来ましたら、またお知らせさせていただきますね。
これからも、木のカレンダーをどうぞよろしくおねがいいたします♪
[PR]

by hanatubomi2 | 2011-01-11 01:37


<< パンと本とウォーキング。      プライベート。 >>