2011年 08月 25日

こどもたちと書道。

こどもたちの夏休みもそろそろ終盤。
宿題もそろそろ片付けなくちゃ、という時期ですね。
うちの子も例にもれず、すでに枯れかかった朝顔の観察日記に励んでいます^^

子供の宿題の中でも書道の宿題というのは、
意外と子供にとって腰が重く、お母さんたちにとって大変なもののようです。
手や顔、洋服はもちろん、壁まで墨が・・・なんてことも。

と、いうわけで、さいたま市主催の講座で、
子供たちにJA共済書道コンクールの課題を仕上げるお手伝い講師をしてきました。

学年様々な20人の小学生たち、ひとりひとりの背後に回り、子供の手の上から一緒に筆を握り、
基本的なアドバイスをしながら、2時間あっという間でした。

まだ体の小さい低学年の子が、半切サイズほどの条幅におおきな筆でひらがな3文字とか。
考えていたより大変なことでしたね。。
それでも、たった2時間のあいだで、別人が書いたのかと驚くほど急成長しちゃう子もいたり、
どうしても名前が大きくなっちゃって全部入らなくて悩んでいた子が「やっと入ったよ!」って喜んでたり、
3,4年生にもなると30枚も40枚も書いてくれて、一番いい作品を選ぶのも容易じゃないくらいみんながんばってました◎

左利きの子が2人いて、右利きの私もこどもの左手に左手を重ねて一緒に筆を握って指導したのだけれど、ポイントをちゃんと理解してもらえて作品は上出来♪ よかったよかった。

いつも大人にレクチャーしている身としては、小学生のお役に立てるのかと少しドキドキもあったのだけれど、
お昼の番組ヒルナンデスでミッツさんが、「一日幼稚園の先生」という企画を猛烈に汗をかきながら頑張ってやり遂げたのを観て、とっても感動~。
ミッツ・マングローブさん、私と同い年で、私と同じ幼稚園の同級生だったことを知ってビックリ!!お化粧と芸名で同じクラスの男の子だったことに全く気付けませんでした。
ひょんなことから勇気を貰い、頑張れた夏の一日講座でした♪
[PR]

by hanatubomi2 | 2011-08-25 11:25


<< 秋の京都。      木のカレンダーのお知らせ。 >>