2007年 04月 12日

スクエア型でかぼちゃのちぎりパン。

今日は午後から降りそうだったので早めに食料品の買出しに。
ごまごま~♪とゴマチーズパンを焼く気満々でパンの材料を買い足していたところにスクエア型を発見!(18cm×18cmのパン型です。)即、買い物カゴへ♪ 
昨晩、かぼちゃのパン生地を作るにはどうしたらいいか、ミクコミュでトピ立てしたところ、いいアドバイスを頂けたので、今日は予定を変えて、スクエア型で「カボチャのちぎりパン」を作りことにしました~。
これも門間みかさんのレシピですが、本を見たわけではなく、基本のリッチ生地にどれくらいカボチャを入れるかは想像で(笑)
カボチャの下ごしらえの時に皮は混ぜない方が子供の受けがいいとか、カボチャの水分量によっては牛乳の量を調節した方がいいとか、昨日アドバイスを頂いたので、その点に気を配りながら、関係ないどこかのHPで250gの粉に対してカボチャ50g使用していた例があったので、200gの粉に対してカボチャ30gで作ってみました。

d0113639_23555630.jpg

そしたら、完璧~☆ やったー!大成功~☆
スクエア型で焼くと、むき出しのまま焼くいつものパンと違ってかなりしっとり感が出ます。
しっと~り、ふ~わふわ♪
カボチャの甘みがはっきりと出ていますよ。
カボチャは下ごしらえの時、皮を削いでレンジで蒸してフォークで潰すそうです。これがポイントなんですよ。裏ごししすぎないところが◎。
パンを食べてると時々、あ、カボチャだ!ってわかるくらいの黄色い果肉部分があったりして美味しい。

ちぎってそのままでも愛嬌のあるパンですが、3つまとめてちぎって縦にナイフを入れ、サンドにするとおいしいとの情報を入手したのでもちろん試しました。
こ~れはイケます!! フレッシュネスバーガーって私の中ではモスの上を行くくらい好きなお店なんですけど、そこのバーガーのバンズはカボチャが練りこんであるんですよね。
まさに、それです。ウチで、焼きたてパンであの味を再現できちゃったことに興奮気味です。

息子はなんでもチョコで顔を書いておけば食べるので(笑)縦スライスのニコちゃんにしてあげました♪

実はスクエア型のほかに、食パン一斤用の型も購入したのでした。これでレーズンシナモンブレッドとかショコラとか牛乳食パンとかも作れるんだなぁ~。きゃー!楽しみ♪
d0113639_23544469.jpg

[PR]

by hanatubomi2 | 2007-04-12 23:54


<< チョコなアンパンマン♪      クマさんカメさん♪ >>