2008年 08月 31日

デザインと文字。

d0113639_2242214.jpg


ここ最近、作品書きながら筆休めに読んでいる本2冊です。

私はデザインが先ではなく、書道が先で商業書道(デザイン書道)をするようになったので、

デザイン会社の現場の仕事に興味があります。

興味はあっても現場に入ったことがあるわけでもなく、いつもイメージと用途を伝えて頂いて

自分の役割に集中するのみです。

筆に集中できることはとてもありがたいことで、嬉しいこと。

だけど、それ故に自分は筆文字しか目に入ってなかった。どこに行っても、何を見ても。

フォントの面白さ、味わいや楽しさを知らなかった。

フォントってこんなに奥が深くて意味があって膨大な数があってこだわりがあって、

筆文字はただその広い世界のひとつなんだな~と。

いまさら気付いた自分に「遅ーい!」と突っ込みたい気持ちです(^^;

なんだか絡まってたモヤモヤが解けた気分。

デザイン関係の本を沢山読むことで、理論的に色んなことに気付かされるんだろうな。

日々精進です。
[PR]

by hanatubomi2 | 2008-08-31 22:42


<< 作品づくり。      たこ焼きデビュー。 >>